【ちん子が泣いた】涙腺崩壊!切なくて泣けるBL商業誌4選

【ちん子が泣いた】涙腺崩壊!切なくて泣けるBL商業誌4選

なんとなく「泣ける作品」を読みたくなる時ってありますよね。

今回は私が読んで、ついつい泣いてしまった商業誌をいくつか紹介します。

※ちん子はとても涙もろいです。

こっちむいて、愛

現実を誤魔化すだけの汗臭い行為から、大切な人が見つかった。 ―ゲイだと隠してきた大学生の鈴原は、その秘密を知る友人の中山片想いしている。 傍にいられれば良いと言い聞かせていたけれど、不毛な恋にかんじがらめになっていた。 そんなある日、その場の勢いで隣人の西野身体の関係を持ってしまう。 男である事を物ともしない性豪の西野と、何度も繰り返す性行為。 二人の関係は心を伴わない爛(ただ)れた物だったはずが…?

私はすぐ感情移入して読んでしまう方で、鈴原に感情移入してしまって号泣しました
鈴原の気持ちが痛いほどわかるから、なおさら泣けてきました。
好きな人に彼女がいて、ホテル代がないから部屋を貸して欲しいだなんて言われたら普通じゃないけど私も貸してしまうと思う。
自分に脈はないと分かっていても、頼られたらなんだって嬉しいですよね。好きな人にお願いされたら何でも聞いちゃうタイプ。
と、言うよりも断って嫌われたくないっていう思いの方が強かったのかもしれません。
とりあえず、鈴原がずっと抑え込んでいた想いを打ち明けて報われたのが本当に良かったです。
合間にある挿絵が癒やされるものだったので余計にほろり(笑)
同時収録されていた短編も凄く可愛かったし、女装家ゲイならでは悩みもあってよかったです。

◆ 「こっちむいて、愛」を読んだ人の反応
  • 作品名:こっちむいて、愛

    ・著者:みちのくアタミ ・出版社:ふゅーじょんぷろだくと ・発売日:2016/08/10 ・価格:729円 ・設定:同級生、片想い、すれ違い、嫉妬、せつない、あまあま

    DMMで購入


  • エスケープジャーニー

    何度離れてもまた君を好きになる。 「性欲処理」呼ばわりされて別れた元カレ太一と、大学でまさかの再会を果たした直人! ガッツリ過去の怒りを引きずっていた直人だったけど、高校時代に比べ成長した太一に少しずつ心を許し始める…。 そんな中、友達のふみちゃんが太一に恋しているらしく…? 友達だと相性バツグンなのに‘恋愛’になった途端うまくいかない、傷だらけの恋愛譚

    以前にも紹介しましたが、これも本当に泣けます。
    表情がいちいち胸に刺さるんですよ… 相変わらず綺麗な絵を描いて下さる…。ありがたや。
    お互いまだ好きなのにすれ違ってしまうところとかがもう… 最高に泣けてきます。
    嫉妬してもセックスでしか気持ちを伝えられない太一と、それが身体目的にされているんじゃないかと傷つく直人。見ているこっちが辛くなるようなお話です。
    相手の幸せを願って、可愛い女の子とくっつけたくてもやっぱり自分も好きだからという複雑な心情も描かれています。

    ◆「エスケープジャーニー」を読んだ人の反応
  • 作品名:エスケープジャーニー

    ・著者:おげれつたなか ・出版社:リブレ ・発売日:2015/10/09 ・価格:799円 ・設定:同級生、再会、過去のこだわり

    DMMで購入


  • ▼ 過去記事

    旧繁華街袋小路

    「あんた俺の顔が大好きだもんな」 旧繁華街にある松葉商店。店の息子である松葉なずなの姉の恋人だった。 交通事故で他界した姉の最後の言葉を、姉にそっくりな自分が請け負う為に、松葉と肉体関係になったなずな。 しかし次第になずな自身が松葉に惹かれるようになり…? 寂れた町に隠された、素直になれない恋愛譚。

    この作品も前回紹介しましたが、この話も気を抜く泣きます。
    大好きな姉に先立たれて、その姉の彼氏と関係を持ってしまってズルズルと。
    姉の代わりとして抱かれていると思ったら悲しくなってきますよね。
    最初は全然良かったけど、だんだん松葉への好意を自覚していくなずながたまりませんでした。
    姉が亡くなってから、結構すぎてやっとこさ傷が癒えたのかなぁ。
    幼い頃から苦労し続けたなずなが報われて本当に良かったです。

    ◆「旧繁華街袋小路」を読んだ人の反応
  • 作品名:旧繁華街袋小路

    ・著者:ためこう ・出版社:リブレ ・発売日:2017/08/09 ・価格:698円 ・設定:年の差、過去のこだわり

    DMMで購入


  • ▼過去の記事

    3分インスタントの沈黙

    女好きで軽薄な弟の朔(さく)と、女嫌いで根暗な兄の秋(あき)。 二人は両親の再婚をきっかけに家族になった義兄弟だ。 ある日、大学進学をきっかけに秋の住む家に押しかけてきた朔。 朔に嫌われていると思っていた秋は、同居をきっかけに、可愛い弟との関係を修復しようと奮闘する。 今も昔もずっと大事な弟…そう思っていたのに… 「気持ちいいキス、してあげよっか」 女の子を口説くみたいに押し倒され、秋は初めてキスで感じてしまい――。

    この作品も以前紹介した作品なんですが、兄弟ならではの話が最高でした。
    一人の人間としてお互い好きだけど、義理でも兄弟。弟や両親のためにも道を踏み外させないように自分の気持を押し殺して朔の幸せを願う兄の秋が健気でたまりませんでした。
    好きだから何度も受け入れてしまうけど、兄として弟を大事にしたい気持ちもあるから突き放してしまう。
    いつもは朔が追いかける方だったのに、最後は秋が追いかけてて胸を締め付けられました。
    秋の葛藤がひしひしと伝わってきて、朔の秋が大好きな気持ちも強くて、幸せになってくれてよかったです。

    ◆「3分インスタントの沈黙」を読んだ人の反応
  • 作品名:3分インスタントの沈黙

    ・著者:市梨きみ ・出版社:オーバーラップ ・発売日:2016/12/16 ・価格:680円 ・設定:義兄弟、すれ違い、嫉妬、トラウマ、同居

    DMMで購入


  • ▼過去の記事

    もっと紹介したい作品が山程あるんですが、今回はこのへんで。
    今度はちゃんとランキングつけてみたいなぁと思いつつ、まだ読んでない作品が大量にあるので読み漁らないと…
    この作品も最高だよ!っていうのあれば教えて下さい!!

    ジャンル別商業誌カテゴリの最新記事