五月女えむさんが描く元人間が働く、ビジネス街での”天使×悪魔”のラブストーリー「天使の囁きは悪魔を堕とす」

五月女えむさんが描く元人間が働く、ビジネス街での”天使×悪魔”のラブストーリー「天使の囁きは悪魔を堕とす」

五月女えむさんの作品で、元々人間だった人たちが、死後の世界で「天使」と「悪魔」に別けられて仕事をする話しです。人間×淫魔ばっかりで、天使×悪魔の話ってあんまり読んだことないけどめっちゃ良かった!皆にも良さを知って欲しいから、紹介しちゃいます!

  • 作品名:天使の囁きは悪魔を堕とす

    ・著者:五月女えむ
    ・出版社:竹書房
    ・発売日:2017/10/07 ・価格:¥702(税込)・設定:リーマン,人外,ファンタジー,過去のこだわり
    ・内容:せつない,コミカル・シュール,あまあま,シリアス

    DMMで購入

  • 登場人物紹介

    黒石 千廣(くろいし ちひろ)

    見た目は悪魔らしいけど、中身は全然悪魔らしくない真面目でお人好しさん。短気で怒りっぽいけど、なんだかんだ優しい面倒見がいいお兄さんみたいな感じ。

    星内 慧(ほしうち けい)

    いつもにこにこしている天使。天使だけど天使に見えない腹黒。黒石のことが大好き過ぎるマン。

    佐伯 亨慈(さえき ゆきちか)

    天使の様な笑顔が素敵な悪魔。悪魔の中でも淫魔よりらしくてめっちゃえっち。この本の中で1番可哀想な人であり私の推し

    有馬 賢治(ありま けんじ)

    堅物で真面目過ぎる天使。悪魔みたいなのにね。極度の悪魔嫌いで誰であろうと悪魔ってだけで嫌う。私の苦手なタイプ…だった←

    「腹上死しましたが何か?~天使と悪魔の殺され愛~」感想

    タイトルにも驚いたんだけど、始まって初っ端な腹上死ってなに!?幽遊白書の主人公が交通事故で死んだ時と同じ衝撃だった(笑)

    3徹目で迎えたクリスマスイブに落ち込んでいる星内を慰める為に家に誘って酒飲んでたら、余裕のない表情で「抱かせて」と頼まれて許してしまい、朝までセックスしてたら一緒に腹上死…

    今までに読んだことない始まり方でめっちゃ笑わせてもらいました(笑)

    あの世に行っても2人の仲は変わらずに、喧嘩ばっかりだったけど黒石は女のかわりに抱かれ、星内は黒石への想いを隠し続けていていたのがやっと通じて一緒に過ごすことができ、幸せいっぱいに。

    と思っていたら、天使と悪魔が付き合っていることをよく思っていない人が2人の邪魔をしてきて、二週間監視されることになってしまったが、その事を黒石に言えずに黙っていた星内。黒石は星内のいない間に尋問部屋に連れて行かれてしまう…

    自分のせいで死んでしまった黒石に少しは申し訳ないと思ってたんだね←

    中に入って助けることもできずに、マジックミラー越しで黒石を見守っていた星内が、今まで言ってくれなかった黒石の気持ちを聞いて堪らなくなって乗り込んでイチャイチャ(笑)

    シリアスかと思ったら笑わせてくれるのがこの作品の良いところ。バカップルぶりも丁度いいし、読みやすい。

    自分に対してじゃなく、尋問していた有馬に言ってたことに嫉妬した星内の
    好きな人の事で嫉妬しちゃだめなの?
    が、可愛過ぎてしんどい。嫉妬深い子可愛すぎる。「だめじゃねえよ」といつもより積極的に誘う黒石も良かった。

  • 作品名:腹上死しましたが何か?~天使と悪魔の殺され愛~

    ・価格:¥194

    DMMで購入

  • 「優しい淫魔とワルツを」の感想

    簡単に言えば、親とはぐれたのか、捨てられたのか、一匹でいたひなを連れ帰った優しい悪魔と悪魔を極度に嫌っている鳥好きの天使の話です。

    植物園を管理している悪魔が最高に美人で可愛い。見た目は勿論なんだけど喋り方が可愛くて内容が頭に入ってこなかった←

    それくらい可愛いんで、皆も覚悟して読んでね!

    心優しい悪魔、佐伯が拾ってきたヒナがとてもかわいくて癒やされる。鳥のお世話の仕方がわからない佐伯と一緒に手伝うことになったのは天使嫌いの悪魔・有馬。

    課長からのお願いで仕方がなくいやいやながらも悪魔と鳥を育てることになったけど、本当に悪魔なのか?と疑ってしまうくらいに悪魔らしくない佐伯に「」として変わっていく有馬。

    ある日、佐伯と喧嘩をした有馬はヒナを連れて植物園を後にしたものの段々ヒナは弱っていき泣き止まないように…

    可愛い。飼いたい…

    ヒナの為にまた、佐伯に会いに行った有馬は佐伯が悪魔になってしまった理由を聞く。ちょうど満月で、淫魔の素質がある佐伯は発情していて、その淫気にあてられて…

    エロかった!精液欲しがる佐伯えろ過ぎる!!けど、朝を迎えてお互いに恥ずかしさで顔真っ赤にしてるのがきゅんきゅん

    またね」って微笑む佐伯に惚れない腐女子はいない!!

    佐伯が好きだと自覚した有馬は終始佐伯にどきどきさせられっぱなしで初々しい有馬が好印象だった。初恋っていいね、にやにやしちゃう。

    優しい淫魔とワルツをの2話は本当に泣ける。 佐伯が人間だった頃の使用人が現れて、会いに来た話だったんだけど、これは書いてたら泣きそうだから飛ばす←

    元気がない有馬を励まそうと頑張る佐伯も健気で最高。2人共優しすぎるし、初々しいし、最高のカップル(笑)

    どんなに辛いことがあっても泣こうとしない佐伯にもぐっときた

  • 作品名:優しい淫魔とワルツを

    ・価格:¥194

    DMMで購入

  • まとめ

    おまけも、めっちゃ甘々で最高!!

    絵柄もめっちゃ綺麗で、エロ少なめだったけどストーリーが良かったから満足。

    星内×黒石と有馬×佐伯のストーリーの差が凄かったけど、どっちも面白かった。でも私は佐伯とヒナを推しまくる(笑)

  • 作品名:天使の囁きは悪魔を堕とす

    ・著者:五月女えむ
    ・出版社:竹書房
    ・発売日:2017/10/07 ・価格:¥702(税込)・設定:リーマン,人外,ファンタジー,過去のこだわり
    ・内容:せつない,コミカル・シュール,あまあま,シリアス

    DMMで購入

  • 商業誌紹介カテゴリの最新記事